Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dosei1953.blog14.fc2.com/tb.php/106-d23beb8b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

タイヤについて

ちょっと遅くなりましたが・・・・

この時期は地域によっては、凍ったり雪が積もったりしていますよね。

基本的なことから・・

タイヤには、夏用と冬用ってのがあります。

夏用はご存知のとおり普段使っているタイヤの事ですね。

冬用ってのは、スタッドレスタイヤとかスノータイヤって言われているものです。

で、そのスタッドレスタイヤなんですが、スノータイヤもそうですが積雪用のタイヤじゃありませんから勘違いしないで下さいね。

冬用のタイヤです。。。

だから、冬になったら着けるのが基本です。

雪が降ってから着けるのが基本じゃありませんよ。

昔は、スノータイヤとスノータイヤに鉄のピンを埋め込んだスパイクタイヤってのがあったんですね。

スパイクタイヤって使い心地はよかったのですが、雪が積もっていなくても装着したままなので道路のアスファルトを削ってしまうんです。

そうすると、道路の維持費が高くなる、アスファルトの粉塵が多くなる、等々の理由によりスパイクタイヤが禁止になりました。

それで、出てきたのがスタッドレスタイヤですね。

今ではそれが主流になっているようですね。

だから、スタッドレスタイヤは凍った路面でも滑らないように、どのメーカーも柔らかいゴムが施されています。

細かいところは各メーカーにより違いますが・・・・・。

ツルツルのところは硬いものより柔らかい物のほうが滑らないですよね。

そう考えると、夏用タイヤも同じでしょうが、スタットレスタイヤは長く使えないって事になります。

どちらも、ゴムですから年数が経てば硬くなってきます。

そうなると、路面との接触抵抗がなくなりすべりやすくなります。

グリップが弱くなるってことですね。

だからタイヤの寿命は4年くらいらしいです。

タイヤの溝がいっぱい残っていても表面のゴムが硬くなってきたら交換したほうがいいらしいですね。

らしい、というのはそれを承知していればそのままでもいいってことです。

実際には溝がなくなるまでそのままでしょ? (^_^;)

車検の時に、側面に少しヒビがありますよって言われた事ないですか?

すっごく危険ですよね、少しでもヒビがあるって・・

そのヒビはすぐに大きくなりますよ。

でも、残り溝があれば大丈夫って思っていませんか?

タイヤっていうのは靴みたいなもんですよ。

汚れていたら、いくら靴底が大丈夫でも古くなってきたら新しいのを買うでしょ?

自動車のタイヤもおなじなんですよ。

タイヤがバーストしたり、滑ったりしたら事故になる可能性もあります。

そうねれば、タイヤに使うお金以上の金額が必要になります。

安いタイヤでもいいじゃないですか。

国産じゃなくてもいいじゃないですか。

定期的に換えましょうね。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dosei1953.blog14.fc2.com/tb.php/106-d23beb8b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

エンジン燃焼

エンジン燃焼状態
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』

こんなのも・・・・・・・・

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。