FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dosei1953.blog14.fc2.com/tb.php/138-a99464a0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

維持管理 2


前回はエンジンオイルでしたが、なんとなくは わかりました?

次は、エアーフィルター(エアーエレメント)と点火プラグ(スパークプラグ)についてです。

まず、(1)の時に右の方から青い色が流れてきますがこれが空気とガソリンの混ぜたものです(混合気)。

この混合気を圧縮(2)して、ピカッと光っているように見える(3)ものでこれで燃やしています。

茶色が左へ動いていますが、これが燃えたガスでマフラー(排気管)を通して外へ出しています。

これが簡単な空気の流れですが、この空気のゴミを取っているのがエアーフィルター(エアーエレメント)
といわれているものです。

ほとんどのメーカーでは、5万キロくらいでの交換をするようになっています。

それくらいの走行をすれば汚れで目詰まりがしてくるので、空気の流れが悪くなりますから
メーカーが考えているような燃え方をしないので、エンジンの力が弱くなる?

エンジンの力が弱くなればアクセルを今まで以上に踏む?

そういう事が続くと燃費が悪くなる?

当然ですが、排気ガスが正常ではなくなるので、環境に悪い?

ま、こんなかんじでしょうか。

でも、汚れがひどい状態で運転していてもほとんどわかりません。

なので、汚れていても交換しない人が多いのでしょうね。

そういった自動車に乗っている人は他にも交換した方がいいような箇所が
多いので後回しになる事もあるでしょう。


次に点火プラグ(スパークプラグ)ですが、(3)のところでピカッとひかっていますが
それが点火プラグ(スパークプラグ)です。

(2)で圧縮した混合気に火をつけるものです。

プラグメーカーは1.5万~2万キロくらいでの交換をといっています。

詳しくは下記で・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E7%81%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0


長く使っていると点火しにくくなってきますので、定期的に交換をしたほうがいでしょうね。

最近では、イリジウムプラグといって10万キロ、無清掃、無点検のものがあります。

これも、異常がなければですが・・・・

ただ、高いので自動車の使い方によってはイリジウムプラグの方がいい場合もあります。

新車からイリジウムプラグが付いている自動車は10万キロでの交換が必要になります。

なかには、5万キロで交換しなければならないイリジウムプラグもありますから
交換のときは注意してくださいね。

エンジンのコントロールにコンピュータを使っていなかった当時はエンジンの不調が
多発していましたから、プラグ交換はしょっちゅうありましたが、最近では
そういった事はなくなってきました。

だからといって、交換しなくてもいいという事ではありませんよ。

電気の事ですから、いつ悪くなるかは誰もわからないんです。

途中でエンジンが不調になってもいいと思うのなら定期的に交換しなくていいのでは?

 

 


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dosei1953.blog14.fc2.com/tb.php/138-a99464a0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

エンジン燃焼

エンジン燃焼状態
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』

こんなのも・・・・・・・・

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。